Impress「MSを過小評価してるうちはニワカ。Google(笑)」

Impress「MSを過小評価してるうちはニワカ。Google(笑)」
Microsoftは良いソリューションを提供しているにもかかわらず、過小評価されることが多い。
PDC09で発表されたWindows Azureは、これから市場で揉まれながら育っていく新しい製品だが、一方でパートナーとともに成長する戦略を徹底するMicrosoftの強みを活かしている。

 盤石というわけではないが、さりとてMicrosoftに匹敵するライバルがいるか、というと、少々答えに窮する。
今や世界最大のサーバソフトウェアとなっているMicrosoftが提供する環境が、そのままクラウドの中で扱えることの意味は、IT業界に身を置く者なら強くかんじているはずだ。

 多くの顧客の要求に応じ、多様なパートナーのビジネスを支えねばならないMicrosoftは、Googleほど身軽には動けないという事情もあって一般のPCユーザーから見ると遠い存在に見えてしまいがちだ。
我々情報を伝える側にも問題があるのだと思うが、一方でMicrosoftは、以前ほどのエンドユーザーに対する訴求力を失ってきているように思う。

全文は↓
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/mobile/20091121_330806.html




16 名前: 加速器(catv?)[sage] 投稿日:2009/11/21(土) 20:12:29.35 ID:zTSKDeZ9
IBM「パソコン?あんなの玩具だろ。ワークステーションこそが主流だよ」

AppleIIが発売。大ヒット。

IBM「やべえ、パソコンが思った以上のスピードで普及してるな。

   うちでもパソコン作るか。
   ハードを制するものはすべてを制する。だからソフトは外注で良いか。」

IBM向けDOSを売ったMicrosoftが急成長。IBMから業界の主導権を奪う。

MS「ソフトウェアを制するものはすべてを制する。

   IBMはそれが理解できなかった。」

MS「インターネット?そんなもん金になんねーよ。

   そもそも時代はパソコン通信だろ。」

Yahoo!が急成長。ネットスケープも急成長。

MS「ネットスケープうぜえ。潰す。絶対潰す。」

IE無料化。ネットスケープ瀕死。

Yahoo!「インターネットを制するものはすべてを制する。

     検索はその中のひとつの要素に過ぎない。
     なんかGoogleっていうベンチャー企業があるから
     検索エンジンの部分はそこに外注するか」

Googleが急成長。Yahoo!を追い抜く。

Google「検索を制するものはすべてを制する」





このエントリーをはてなブックマークに追加


0 コメント :

コメントを投稿

【注意】投稿前にコメントの名前欄の確認を!!【注意】
Googleアカウントにログインした状態でコメントする際は、「コメントの記入者」の欄をよく確認してから投稿するようお願いいたします。

自動スパム検出機能により投稿が反映されない場合があります。スパムでないことが確認でき次第公開しますので、しばらくお待ちください。