2014年頃からAMD、Intelの両社がヘテロジニアスの時代に?!

【CPU】2014年頃からAMD、Intelの両社がヘテロジニアスの時代に?!
●NVIDIAのFermiはLarrabeeの敵ではなく味方 
一皮むけばFermiも本質的に目指している方向はLarrabeeと変わらない。少なくとも、ゴールはNVIDIAもIntelも近いところにある。
そのため、Fermiで実現できるグラフィックスが支持されるなら、Larrabeeも力を発揮しやすいソフトウェア上の土壌が育つことになる。
ある業界関係者は、「LarrabeeにとってFermiは敵というより、むしろ味方になるだろう」と言う。

ちなみに、AMD(ATI)は、現世代(R800)系では、革新的なアーキテクチャ変革を避け、既存のグラフィックスに合わせた構造を取ったため、
現時点ではIntelはあまり競合する存在とは見ていないようだ。
ただし、AMDも2014年までには、IntelやNVIDIA同様にアーキテクチャを大きく変える可能性が高い。



http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/338/322/kaigai3.jpg


現在のところ、Intelは将来のLarrabeeアーキテクチャについて、ベクタ長やメモリ階層といった根本的な部分での変更は、示唆もしていないという。
あくまでもLarrabeeのベクタエンジン回りの基本設計はこのままで、製品計画だけがスライドするようだ。

ただし、この点については、Intelの常としてドラスティックな変更が入る可能性がある。
もし、IntelがLarrabeeを根底から再設計する場合、設計サイクルから考えてLarrabeeを市場に投入できるのは2013年頃になってしまうだろう。
その場合は、2014年に予定しているCPUへの統合に間に合わなくなる可能性がある。

しかし、現在の計画通りなら、Intelは2014年に、ついにゴールである汎用のデータ並列コアのCPUへの融合に至ることになる。
同時期には、AMDもCPUに取り込むGPUコアを、グラフィックスに最適化したコアから、汎用性の高いデータ並列コアへと進化させると予想される。
おそらく、2014年前後が、IntelとAMDの双方にとって、真の“ヘテロジニアスコンピューティングオンチップ”のスタートになるだろう。

http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/338/322/kaigai4.jpg
http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/338/322/kaigai5.jpg

詳しくは↓
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20091222_338322.html



3 名前: インク(新潟県) :2009/12/22(火) 02:24:05.03 ID:6wruUfEP
関連記事

●FUSION時代を見据えたBulldozerのアーキテクチャ
Bulldozerアーキテクチャでは、整数パイプを細くする一方で、浮動小数点ユニット群は並列度を実質的に上げて共有リソースにした。
これも分岐点になって行く可能性がある。
というのは、浮動小数点ユニットをオンダイの共有コプロセッサのように扱う構成が、将来のデータ並列コアの統合の形態も示唆しているからだ。

Bulldozerの構成を発展させるなら、AMDは将来、共有の浮動小数点ユニットとして、よりワイドなデータ並列ユニット群を実装する可能性もあるかもしれない。
AMDは、以前、GPUのようなデータ並列コアの命令セットをx86の命令空間にマップする可能性を説明した。
その場合、1つの命令ストリームの中に、ワイドなデータ並列命令を組み込み、メインのCPUコアの命令ユニットからデータ並列コアに発行する形態を取ることができる。
Bulldozerのような構成なら、共有の浮動小数点コアをワイドなデータ並列コアに置き換えることも可能だ。

AMDは以前から、FUSIONのビジョンとして、最初はCPUコアとGPUコアが大きな塊として同じダイに載るだけだが、次第に両コアの要素が入り交じって行くというビジョンを示していた。
Bulldozerの実質的な開発リーダーだったMoore氏が、現在、APU(Accelerated Processing Unit=FUSION)を担当しているところも意味深だ。

AMDの現在のGPUは、NVIDIAと比べると、ずっと既存グラフィックスに最適化している。
AMDの勇ましいヘテロジニアスコンピューティングのかけ声とは裏腹に、GPUアーキテクチャ自体は保守的だ。
もしかすると、AMDは現在のGPU開発チームとは別に、CPUのアーキテクトが中心になったデータ並列コアの開発を進めているのかもしれない。


詳しくは↓
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20091216_335956.html




8 名前: インク(アラバマ州) :2009/12/22(火) 02:25:57.94 ID:yGVBDnmI
何言ってるかまったくわからん


20 名前: インク(新潟県) :2009/12/22(火) 02:47:46.04 ID:6wruUfEP
>>8
AMD:ATI買収→2011年のLlanoでまずはCPUにGPU内蔵させる&将来を見越したBulldozer開発&登場→データ並列コアをCPUに内蔵させて性能うp

Intel:GPUがない→Larrabee開発→Larrabeeのデータ並列コアをCPUに内蔵させて性能うp


要するにGPGPU的な処理をCPUだけで出来るようにしようってこと。
AMDはATIの技術があるので、まずはCPU+GPUを進めて、改良したBulldozerにGPUっぽいのを積んでしまえって感じ
IntelはGPUがないので、まずLarrabeeを開発して、その後CPUとLarrabeeの一部を一緒にしようって感じ。



9 名前: 裏漉し器(dion軍) :2009/12/22(火) 02:25:58.92 ID:rgG3xoM1

http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20070927040/SS/003.jpg


11 名前: 足枷(沖縄県) :2009/12/22(火) 02:28:01.55 ID:CBua0efi
>>9

2010年代までに想定される100コアのCPU構想図
http://blog-imgs-18-origin.fc2.com/w/a/r/warasoku/kaigai1.jpg
Intel & AMD CPU Architecture の歴史
http://blog-imgs-18-origin.fc2.com/w/a/r/warasoku/kaigai3.jpg



17 名前: ガスレンジ(アラバマ州) :2009/12/22(火) 02:36:30.60 ID:ANVyhQVO
いつもの新潟さんか
正直何が書かれてるのかさっぱり分からんという・・・


18 名前: インク(埼玉県) :2009/12/22(火) 02:40:58.54 ID:ABNIGVl6
Larrabee死んでBulldozer大躍進かと思いきや
イスラエルのSandybridgeが控えてるんだよな

アーキテクチャ的には目だったモノは無い筈だけど
ハイファだから何か仕込んでるかもしれないんだよな

何もなければP4vsK8時代の再来
AMDのボーナスステージ


21 名前: ジムロート冷却器(山口県) :2009/12/22(火) 02:50:40.81 ID:WtXv6Nbk
Larrabee止めるといったり、続けるといったりどっちなんだよ


24 名前: インク(新潟県) :2009/12/22(火) 03:01:56.23 ID:6wruUfEP
>>21
最初のLarrabeeは発売しないけど開発は継続される。
Larrabee2、Larrabee3と改良を続けて最終的にはCPUと一緒にするのが目標だから開発を止めるわけにはいかない。



25 名前: レーザー(長屋) :2009/12/22(火) 03:09:44.36 ID:UUOCfcgs
ヘテロジニアスマルチコア:
今までのCPUとGPUの機能を統合したりするCPU
要するにただのマルチコアCPUではなく別々の機能を持つコアを持ったマルチコアCPUってことでいいか!?


27 名前: インク(新潟県) :2009/12/22(火) 03:35:31.30 ID:6wruUfEP
>>25
複雑な処理(従来の用途):大きい汎用コア(CPUコア)
単純なデータを一度に大量に処理(エンコ、物理演算、暗号解析など):小さいデータ並列コア
という感じ。そういう認識で合ってるかと。

これを真っ先に商品化したのがPS3のCell (1つのPPEと7つのSPEの組み合わせ)


Wikipediaより
複雑な制御機構を省けば、ずっと小さなCPUコアでそこそこの性能を維持することが可能である。
つまり、「ポラックの法則」を逆に考えるなら、CPUコアのダイエリアを1/4にしても性能は1/2にしか落ちないことになる。
シンプルなCPUコアなら多数搭載できるから、マルチスレッド性能はずっと高くなるだろう。
←Bulldozerのコンセプトに近い(CPUコアの一部を共有してCPUを多く積む)
簡単に「ダイエリア消費量ならびに電力効率のいいマルチコアCPUを作ることができるのではないか?」ということだった。

しかし、この手法ですらトレードオフがある。
シンプルコアにした場合には、シングルスレッドの性能が落ちる。
OSなどに多いコントロール系タスクと、マルチメディア系のストリーム処理、この両方を同時に処理できるシンプルコアを作ることは難しい。
そこで出てきたアイディアが、ヘテロジニアス型のマルチコアである。

例としては、シングルスレッド性能を追求した大型CPUコアと、シンプルな構造にして効率を追求した小型CPUコアを組み合わせれば、
シングルスレッド性能を維持しつつ、高並列のマルチスレッド処理が実現可能。



28 名前: トレス台(アラバマ州) :2009/12/22(火) 03:37:58.62 ID:qQnRzb0N
AMDが頑張ってもIntelのインチキコンパイラで性能落とされそう
だから困る・・・


39 名前: 砥石(埼玉県) :2009/12/22(火) 11:44:49.77 ID:69hchWXo
簡単に言うと、
インテルもアムドもPS3のCellみたいにしますよということ


42 名前: 紙やすり(東京都) :2009/12/22(火) 11:54:49.23 ID:g+4OEbfz
CellはPPUとSPUが完全別物だからまたちょっと方向性が違わね


49 名前: 木炭(dion軍) :2009/12/22(火) 12:07:07.27 ID:7jnOZe5y
>>42
ちょっとというかかなり違わね


46 名前: オートクレーブ(コネチカット州) :2009/12/22(火) 11:56:52.69 ID:md4jCSAn
自作するなら今はむしろ時期が良いんじゃないか?
2011~12、その後14あたりで大幅に進化、ただしそれまでは大した変化無しってことがわかってるんだから
来年末とかまで待つよりは今組んじゃったほうが良い気がする
あと二年近く、現状で我慢できるならそのまま待つべきだけど



62 名前: トースター(東京都) :2009/12/22(火) 15:22:29.31 ID:4hex/BAb
今PC買おうと思ってる奴、今は買うな!時期が悪い123
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/pc/1261006089/





このエントリーをはてなブックマークに追加


0 コメント :

コメントを投稿

【注意】投稿前にコメントの名前欄の確認を!!【注意】
Googleアカウントにログインした状態でコメントする際は、「コメントの記入者」の欄をよく確認してから投稿するようお願いいたします。

自動スパム検出機能により投稿が反映されない場合があります。スパムでないことが確認でき次第公開しますので、しばらくお待ちください。